HOME » テープ起こし会社を比較 » 信頼できるテープ起こし業者に依頼しよう セキュリティ編

信頼できるテープ起こし業者に依頼しよう セキュリティ編

テープ起こしを依頼するとき、会社を選ぶうえで主な比較の要素になることは納期日数や品質、そして料金についてでしょう。

しかし、忘れてはならないのがセキュリティです。

重要な録音データを渡すにあたって、信頼できる会社を選ぶ必要がありますよね。

第三者に情報漏洩してしまうような事態を避けるため、ここでは、セキュリティ面でおすすめのテープ起こし会社3社を比較、ご紹介しましょう。

1文字1円でセキュリティレベルの高い「アスカ21」

アスカ21では、依頼を受けたすべてのテープ起こし作業を完全に自社内のスタッフのみで完結させています。実際に業務にあたる全員は、採用の際に守秘義務契約を交わして研修教育を終えたスタッフです。もちろん、第三者への再委託は行っていません。

データの送受信はすべてSSL通信で暗号化された状態で行われるため、万が一外部からのサイバー攻撃があった場合にも、データを読み取られる心配がありません。専用のサーバーを利用しているためセキュリティレベルが非常に高いといえます。

また、納品完了後は月次でデータを破棄しており、さらに完全に破棄されていることを情報管理担当者が責任を持って確認しています。 料金は一文字1円と分かりやすく、納期も最短で中一日とスピーディーな対応が特長です。

「アスカ21」がおすすめのユーザー

  • とくに機密性の高いデータを依頼するので社外への情報漏洩のリスクがないテープ起こし会社を選びたい方
  • 納品された元データはすぐにでも削除してほしいという方
  • なるべくコストを抑えたい、急ぎでデータが必要だという方

有料のインターネット非接続コースで万全の「東京反訳」

東京反訳が提供しているサービスには、とくに機密性が高い情報に関して情報漏洩の恐れを懸念する方が多く利用する「インターネット非接続コース」があります。このコースでの作業には、インターネットに接続していない社内専用のパソコンが使われています。有料のプランとなっているので、事前見積りの必要があるでしょう。

プライバシーマークの規定に則ったセキュリティ管理体制をとり、テープ起こしのすべての作業者と秘密保持契約を取り交わしてセキュリティチェックシートの提出を義務付けています。

料金は日本語のテープ起こしで1分230円~となっています。専門性の高い分野にも対応しています。

「東京反訳」がおすすめのユーザー

  • インターネットを介した情報漏洩に不安があるという方
  • コスト面にはあまりこだわらないという方
  • 専門性の高い内容のテープ起こしをしてほしい方

1分200円〜「佐藤編集事務所」は毎度同じ担当者に依頼できる

佐藤編集事務所では、テープ起こしの作業において、依頼から納品までを一貫して同じ担当者により進められる「専任担当制」を採用しています。テープ起こしが初めてという人はもちろん、リピーターの場合は引き続き同じ担当者に依頼することができるため、信頼関係が築きやすいでしょう。

また、依頼した録音データや作成したテキストデータのいずれに関しても秘密保持契約の契約書を交わすことが可能です。ただし、希望者にのみ契約書を発行しているため、予め申し出る必要があります。書類作成に費用は発生しません。 時間料金はコースによって異なり、標準コースであれば1分につき200円、整文を行うリライトコースであれば1分につき300円となっています。標準コースの納期は、60分の音声で最短3営業日での納品が目安です。

 

「佐藤編集事務所」がおすすめのユーザー

  • テープ起こしの作業を毎回同じ担当者に依頼したいという方
  • セキュリティを守るため秘密保持契約を交わしたいという方
  • 整文されたデータが欲しいという方