HOME » 音声のテキスト変換でよくある質問集

音声のテキスト変換でよくある質問集

音声ファイルをテキストに変換してくれる業者について、よく寄せられる質問と回答を集めました。

音声をテキストに変換してくれる業者Q&A

Q1.自分で音声からテキストへ変換した場合、どれくらいかかるのでしょうか?

特別な研修を受けていない人が音声のテキスト変換作業をした場合、
録音時間の5~10倍の作業時間が必要になると言われています。

Q2.市販されているパソコンの音声認識ソフトは使えるのでしょうか?

音声→テキスト化のレベルをどこまで欲求しているかは不明ですが、
基本的にテープ起こしの会社では全て人手による聞き取りと入力作業を行っています。

音声をパソコンに認識させて自動的に文章化する技術も進歩はしていますが、
ソフトの機能を最大限に発揮するためには、音質が良いものに限られる他、幾つかの条件があります。

また、最終的には依頼されたレベルの確認も含めて、人によるチェックに頼ることになります。
つまり、パソコンだけで音声をテキスト化するのは、現段階では実用に耐えていないと言えるでしょう。

Q3.「反訳」とはどういう意味ですか?.

速記文字を普通の文字に戻すことを反訳(はんやく)と言います。

最近は速記自体の需要が減り、反面、テープによる収録が増えました。
テキスト作成の需要が高まってきたこともあって、テープ起こしを意味するようになりました。.

Q4.テープ起こしは速記とは違うのですか?

テープ起こしは音声をICレコーダー等に録音し、終了後にその音声を聞きながら
通常の日本語に書き起こししていくものです。

それに対して速記は、速記文字という特殊な文字を使い、速記者がその場で音声を書き取り
その後通常の日本語に変換して原稿を作成していくものです。

速記には、その場で記録してすぐ原稿が出来るというイメージを持たれるようですが、
実際には速記文字を普通の日本語に戻すのに時間がかかり、原稿作成の所要時間はテープ起こしと殆ど変りありません

Q5.発言者に方言やなまりがあるのですが、それでも起こせますか?

問題ありません。
基本的には、どこの音声をテキスト化する会社も全国に外部スタッフがいますので、
その地域の言葉に詳しいスタッフが作業することになります。.

Q6.納期の日数に幅があるのはなぜ?

同じ時間数の音声であっても、録音状態の良し悪しや発言者の人数によっても
作業時間が変わってきます。

そのため、ある程度の幅を持たせており、最終的には
音声ファイルを確認後、見積と納期を算出する場合が多いようです。.

Q7.外国語と通訳している日本語が混在しているとき、日本語のみを起こすことはできますか?

日本語部分のみを起こすことが可能です。
但し、日本語部分の金額については、各社に相談した方が良いでしょう。
概ね録音時間の3分の2とか、5分3というような金額となると思います。.

Q8.最終的に音声をテキストに変換するメリットは何ですか?

個人により考え方は違うと思いますが、概ね以下のように思います。

・データ化することで、印刷・複写・保存・送付が可能となり便利です。
・音声データの雑音や無音部分がカットされ、内容を確認する作業の効率が高まります。
・流し読み等、聞くよりも短時間で読解可能となります。
・テキストデータがあれば、レポートや論文や広報、それにブログにも反映させることができます。
・音声データはメディアやハードディスクの容量を大きく消費してしまいますが、テキストデータの容量は圧倒的に小さくなります。
ですので、コンピュータの負荷が少なくなり、データの受け渡しも短時間で完了できます。