テープ起こし会社の徹底比較ガイド

重要なのは納期と料金!テープ起こし会社選びの決定版!

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る

テープ起こし業者の選び方

音声からテキストを作る際に依頼できる業者の選び方を詳しくご紹介していきます。

テープ起こしを依頼する会社の選び方とは?

どんなテープ起こしをしてもらうか、というのが業者選びにおいてとても大切なポイントです。一般的な内容なのか、それとも専門性が高い内容なのか、大きく2つに分けて考えてみましょう。音声からテキストを作るのだから、どこで依頼しても同じなのでは…と思うかもしれませんが、実はどんなジャンルの音声なのかによって、依頼するべき業者は違います。

実績が大事なのは専門性が高い内容のテキスト作成

専門的な音声を文字起こししてもらいたいという場合は、分野やジャンルに対して強い業者がおすすめです。費用だけで考えると、そこまでお金をかけるのは…と思うかもしれませんが、費用が安すぎるのも危険です。テープ起こしをしている会社は、それぞれが持っている得意分野があります。裁判で使う資料だったり、学術関連の資料に関しては、やはりそれらの実績がある業者を選ぶのが安心です。

どうして実績が大切なのかというと、今までの実績からテープ起こしの技術も高いですし、専門的な用語に関しての強みもあるため、文書のクオリティが高まるからです。

値段で選んでもいいのは、一般的な内容のテキスト作成

専門的な音声と反対に、一般的な内容のテキスト作成に関しては値段で選んでもOKです。専門的な知識を持っている必要はないため、どの業者でもそれなりの実績は積んでいるはず。それを踏まえたうえで、値段で比較してみましょう。

値段で選ぶことに不安を感じるかもしれませんが、会社の多くはフリーのライターと契約をして仕事をお願いしている状態なので、出来上がりには大きく差が出ることはありません。

テープ起こしの会社は、納期から出来上がりの形態、さらに音声データの録音時間などで料金が決まることが多いです。密度の濃い内容であれば、こういった計算のほうがお得ですよね。しかし、文字数によって料金が決まる会社も中にはあります。これはデータの中にある文字数で計算しているので、1本あたりのデータ料金となります。文字数で料金が決まる場合は無駄が発生しない、という点でとても優れている料金形態です。

セキュリティ面で気を付けるべきこと

音声を渡して依頼する場合に、心配になるのがセキュリティ面です。漏れてはいけない情報をやり取りしていることもあるので、頑丈なセキュリティが必要といえるでしょう。

業者によって違う発注方法

どの業者もサービスは展開していますが、発注方法は異なります。メールのみですべて可能なところから、直接業者と話し合いが必要な場合があります。発注方法に関しては、依頼する業者を探している段階で確かめておくと安心です。

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る
安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る