テープ起こし会社の徹底比較ガイド

重要なのは納期と料金!テープ起こし会社選びの決定版!

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る

フリーの音声テキスト変換ソフト4つを紹介!

音声データのテキスト化というのは意外と難しいもので、慣れている人でないとわずか数分の音声でも文字にするのはその数十倍かかることもあります。もっと効率よくできないものかと思うこともあるのでは?

そこで今回は音声データをテキストに変換してくれる便利なツールの中でも使用料がかからないフリーソフトを4つご紹介いたします。

EVERNOTE(エバーノート)

テキスト・画像も含めたさまざまな形態の情報が保存でき、PC・携帯電話などで他ユーザーとの共有も簡単な「EVERNOTE」は、利用している人も多いのではないでしょうか。

EVERNOTE自体に音声テキスト変換があるわけではないのですが、スマートフォンアプリ版のEVERNOTEの場合、スマートフォンに最初から入っている音声入力機能を合わせて使えば、簡単にマイクで入力した音声をテキスト化することができます。

iPhone/iPad/iPod touchの利用方法

  1. キーボード入力の際にスペースバーの左側にあるマイクをタップする。
  2. マイクに向かって話し始める
  3. 話した内容はEVERNOTEのノート上にテキストとして変換される
  4. 完了ボタンを押して終了

Androidの利用方法

  1. EVERNOTEアプリを開いてキーボードを表示させる
  2. 左下にあるマイクのアイコンをタップ
  3. マイクに向かって話し始める
  4. 音声がテキストに変換される

EVERNOTEの注意点は?

利用者も多いのでノートの共有も簡単ですが、句読点の入力に対応していないので、変換後には必ず読んで確認しましょう。誤変換している可能性もありますから、キーボードで一部修正する必要があります。

また、無料版はデータ量に制限があるため、データ量が多い場合は有料版にアップグレードする必要があるので、注意が必要です。許容データ量をオーバーしてしまったデータは同期されないので、保存できません。

PC(Windows&Mac)に標準装備の音声認識

PCの場合、標準装備で入っている音声認識機能を使うことで、テキスト変換が可能です。(Windows・Mac両方)

Windows10の場合

  1. 「コントロールパネル」を開く
  2. 「コンピュータの簡単操作」をクリック
  3. 音声認識メニューで設定
  4. マイクを使って話す

WindowsのPCは使っている人も多く、誰でも利用可能なところが大きなメリットですが、通常の話す速度では精度が悪く、テキスト変換としては使えないこともあるようです。誤変換しやすい言葉はあらかじめ辞書登録することもできますが、あまり効果がなかったという口コミもありました。

Macの場合

  1. デスクトップ画面の上のリンゴのマーク(Appleメニュー)をクリック
  2. 「システム環境設定」を選択
  3. 「キーボード」をクリック
  4. 「音声入力」を「入」にする
  5. 音声入力のスタートボタンとして使うキーボードショートカットを選択
  6. マイクのアイコンの下のポップアップメニューから使用するマイクを選択

音声入力オプションでは、言語や方言などの選択ができたり、「拡張音声入力」を使用すればインターネットに接続していなくても音声入力を使えるなど便利な機能もあります。具体的な使用方法はAppleの公式サポートサイトに説明がありますので、そちらを参照してくださいね。

Dragon Dictation(ドラゴン・ディクテーション)

話した音声を認識してテキスト変換し、クリップボードを介してあらゆるアプリに貼り付け可能にするフリーアプリです。対応機種はiPhoneやiPadなどです。

TwitterやFacebookにもテキスト挿入可能なところは便利ですが、入力時間制限(1回最長で60秒間)があるので、長時間の音声には対応していません。

Voice Rep2・Voice RepPro2(ボイスレップ)

シンプルさ、使いやすさを追求した音声認識ソフトです。事前に音声登録の必要はなく、パソコンにマイクを接続後に起動するだけでOKという手順の気軽さが人気。マイクに向かって話すだけで音声をテキストに変換することができます。

音声の認識に関しては精度が高いといわれており、外国語の音声認識も可能。ただし、音声読み上げ機能に関しては、Windows7で日本語読み上げが不可能となっているので気を付けましょう。また、フリーソフトではないのですが、違う音声認識ソフトからの乗り換えなどでお得にゲットできるため、まずは体験版でその実力をチェックしてみてください。

Googleドキュメント(グーグルドキュメント)

Googleが提供しているオフィスソフトであるGoogleドキュメントの機能として、音声入力をテキスト化する、というものがあります。Googleドライブ→Googleドキュメント→ツール→音声入力という手順で使えるようになります。

マイクアイコンをクリックすると音声の認識を始めてくれますが、話してから認識するまでに多少時間がかかってしまうのがネックです。そのあたりは気軽に使える無料ツールということで理解するしかありません。

CasualTranscriber

テープ起こし・文字起こしの効率をアップさせてくれます。基本機能には「ショートカットによるメディアファイルのコントロール」や「特殊文字入力補助機能」、「音量ブースト」などがあり、「簡易波形表示」や「テキスト・ファイルデータベース機能」なども使用可能。ただし使用はMacのみに限られているため、Macユーザーのテープ起こし・文字起こしに役立つソフトです。

Express Scribe

テープ起こしを効率化するために、フットスイッチを利用することができます。プロ仕様のソフトで、フットスイッチを使えば音声の再生方向・速度も自由自在にコントロール。何より手を使うことなく操作できる、という点が大きなメリットです。動画音声やマルチチャンネル音声にも対応しています。テープ起こしには必要不可欠な機能なら何でも搭載しているソフトといえるでしょう。

テープ起こしプレーヤー

文字起こし気作業をするために必要な機能を備えた、サウンドプレイヤーとして使用することができます。イコライザー・エフェクトによってサウンドをクリアにして聞き取りやすくする、また聞き取りにくい部分はゆっくりと再生して文字打ちがついていけるようにする、聞こえなかったところは何度も再生するといった機能もあります。

周りの音を軽減するノイズ除去や、片耳で文字起こしをするときのモノラル化といった機能も利用可能となっているため、文字起こしの効率も格段にアップするでしょう。

Okoshiyasu2

音声ファイルを再生・停止・早送り・巻き戻しといった文字起こしをする際に頻繁に行う操作を、すべてキーボードで済ますことができるソフトです。再生速度や音程の調整なども可能で、WaveやMP3など、様々な音声ファイルにも対応しています。

Windows音声認識

ソフトではなく、Windowsの音声認識を文字起こしに活用することもできます。文字起こしをしたい文章を発声し、キーボードとマウスを使用せずに文字起こしをするという方法です。日本語の文字起こしがほとんどだと思うのでそれほど心配はありませんが、英語・フランス語。ドイツ語・日本語・中国語・スペイン語のみに対応しており、それ以外の言語で文字起こしをする場合は使用できないため、注意が必要です。

Mac音声入力

Windows音声認識のMacバージョンですね。音声を発して文字起こしをしたい人向けの機能です。マイクが内蔵されているため、音声入力ができるようにして文字起こしを行います。テキストの書式を変更するときも決まりの言葉を発することによって、声だけで変更が可能となっています。

複数のソフトを組み合わせてより正確な文字起こしを!

様々なソフトをご紹介しました。似たような機能があるソフトもあれば、特徴的なソフトもあり、使用する人の好みなどを考えると「これが一番」といえるソフトを見つけるのは難しいでしょう。文字起こしをするにあたって、このソフトを使用しなければいけない、という決まりはありません。自分が使いやすくて効率よく文字起こしができるソフトを見つけることが何よりも大事。また、文字起こしをする内容によっては、最適なソフトが異なる場合もあります。

操作のしやすさ、機能の使いやすさなどを考慮しましょう。また、1つの原稿を完成させるために、複数のソフトを組み合わせて使うことも検討してみてください。例えば、音声認識をさせながらまずは自分の声で文字起こししてみる、そしてその後にゆっくり再生しながら相違がないかどうかをチェックする…などですね。1つのソフトに絞ってしまうよりも、より作業がしやすくなるでしょう。

目的や好みなどで、使いたいソフトを選んでみてはいかがでしょうか。

クオリティと時間を重視するのならば、業者に依頼するのが一番!

このように手軽に音声テキスト変換できるフリーソフト(または機能)はたくさんありますが、変換の精度を考えると誤変換が多く手動で修正する手間がかかることも。結局修正するのに時間を取られてしまい、あまり時間削減の効果もテキスト変換の面倒な部分も解決されないでしょう。

有料版のソフトであれば、無料版のものに比べていくらか機能はよくなっていますが、それでも必ず一度は読み返す必要があります。更にソフトの利用料金もかかります。

やはり短時間で高いクオリティを求めるのであれば、経験豊富な熟練した技をもっている業者へ依頼するのが一番といえるでしょう。

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る
安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る