HOME » 依頼する前に知っておきたいテープ起こしの基本 » テープ起こしの具体的な仕事内容

テープ起こしの具体的な仕事内容

テープ起こし(反訳・はんやく)の仕事内容、利用されるシーン、利用することのメリットなどをまとめました。

テープ起こしの具体的な仕事内容

テープ起こしとは、講演会やインタビュー・会議・座談会などの、音声で保存されたデータについて、その内容を適切に文字に書き起こす作業のことです。

かつてはテープレコーダーで録音されたメディアをもとに、手書きやタイプライターで書き起こすという方法が主流でした。
現在では主にICレコーダーで録音されたデータをパソコンに取り込んで、Wordファイルなどに書き起こす方法がとられています。

仕事の受注もメールによる音声ファイルの添付等で行なわれることがほとんどです。

なお、テープ起こしという呼び方は、現在は一般化しているように感じますが、ほかにもさまざまな呼び方があります。
初心者の方が混乱しないよう、ほかの呼び方もおさらいしておきます。

●反訳(はんやく)

●録音反訳

●書き起こし

●逐語記録

●ボイスリライト

以上はすべて、テープ起こしと同じ意味です。

また、これらの呼び方にともなって、職業としてテープ起こしを行う人のことを「反訳者」「テープライター」などと呼ぶことがあります。

テープ起こしが利用される例

テープ起こしは様々なシーンに活用されています。主なものを挙げてみましょう。

●インタビュー…雑誌やネットニュース、新聞など

●会議…社内会議、クライアントとの打ち合わせなど

●イベント…講演会、セミナー、座談会など

●社内研修…営業研修など

●教材…授業用テキスト、参考書など

他にも私的なニーズも含めて、さまざまなシーンでテープ起こしは活用されています。

テープ起こしを利用するメリット

テープ起こしを利用するメリットは、主に2つあります。

プロによる早い文字起こしで時間短縮

音声を聞きながらその内容を文字に起こす作業は、簡単なようで実はかなりの慣れを要します。
タイピング速度も求められ、不慣れな人が行うと膨大な時間がかかってしまうもの。
プロに依頼することで人手を割くことなく、完成形の文書も早く手元に届きます。

音声よりも作業効率が上がる

音声ファイルは一度聞いただけでは理解できないことがあったり、聞き取りにくい部分があったりなど、
作業を行うための情報ベースには向いていません。
文字に起こした資料があれば、必要な部分と不要な部分に強弱をつけて読み進めるなど、作業効率を大幅にアップさせることができます。
また、議事録などを文字として関係者が物理的に共有することにより、
ビジネス上のトラブルの防止やトラブルが発生した際の早期解決につながりやすくなります。