テープ起こし会社の徹底比較ガイド

重要なのは納期と料金!テープ起こし会社選びの決定版!

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る
テープ起こし会社の徹底比較ガイド » テープ起こしを仕事にしよう » テープ起こし初心者がやってしまう失敗

テープ起こし初心者がやってしまう失敗

初心者は注意!テープ起こしでの失敗あるある

想定以上の時間がかかる

失敗として必ずといっていいほど挙がるのは作業予定時間の超過でしょう。テープ起こしは単純なように見えて言語能力や理解力が問われる作業です。というのも、テープ起こしには、内容の理解が必須で、聞いたことのない言葉は逐一(ちくいち)調べる必要があり、整合の確認の上、必要に応じて手直ししなければなりません。1時間のテープ起こしの場合、5倍以上の時間がかかるのは普通ですが、初心者はこの時間の見積もりがなかなか正確にできないことが多いです。想定以上の時間がかかってしまって納期に間に合わないという問題がよくある失敗事例です。

言葉が聞き取れない

テープ起こしは、テープを聞きながら文字をタイピングしていく作業となります。そのなかでもよくあるのが言葉を聞き取れないという問題です。当然のことながら、話者はテープ起こしを想定して話しているわけではなく、声のトーンが低かったり、音量が小さかったりと聞き取りづらいことも多くあります。音量をあげたとしてもノイズも同時に大きくなるため、言葉が聞き取れないという問題は一筋縄ではいかないのです。

不要部分の適切な排除ができていない

テープ起こしを行う場合は大抵、一言一句を文字起こしする「素起こし」ではなく、言葉のケバと呼ばれる相槌や言いよどみなどを削除して起こすことが多いです。しかし、このケバ取り、簡単そうに見えて実は非常に奥が深く、初心者が行うと上手くいかない場合が多いのです。例えば、不要に聞こえる相槌は文脈によっては肯定とも否定とも取れ、必要な相槌を取ってしまったり、不要な相槌を書き起こしてしまったりなどによって、全体の流れがわかりづらいテープ起こしとなってしまいます。このように、ケバ取りは経験や背景の理解が必要とされるため、初心者には難しいと言われています。

表現にゆらぎがある

1つの言葉を表す際に、発する言葉は同じでも書く時は漢字やひらがなを織り交ぜたりすることがあります。しかしながら、発された言葉を文字に起こす場合、読み手の混乱を避けるために1つの表現に統一する必要があります。初心者の場合は、同じ表現であるのにひらがなだけの言葉や漢字を織り交ぜたものにしてしまうなど、表現に「ゆらぎ」が生じて手しまっているケースが多く見受けられます。

整文の加減が分からない

人間は言葉で話すとき文法を意識して話している人はそう多くはありません。主語が抜けていたり、動詞をまとめたり、省略したりと様々な表現で伝えます。テープ起こしにする際は、そのあたりを考慮して自然な流れになるように直す必要がありますが、その加減が非常に難しいところ。初心者はこのすり合わせが十分に行えないまま作業を開始してしまうことが多々あります。

初心者がテープ起こしをする場合のポイント

それでは初心者がテープ起こしをする際にどんなことに気を付ければよいのでしょうか。

1度音声ファイルを通して聞く

まずは音声ファイルを通しで聞いて内容確認することから始めましょう。単純なタイピング作業と思わずに、どのような内容かを理解することが作業の効率性をアップさせます。

ブラインドタッチを磨いておく

ブラインドタッチはキーボードを見ないでタイピングしていく技術のことです。テープ起こしに限らず、パソコンを使う仕事をするのであればしっかりと身につけておきたい技術の1つだと言えるでしょう。ブラインドタッチは鍛えれば鍛えるほど、テープ起こしのスピードが上がり、整合確認に時間を使うことができます。高速でブラインドタッチが行えるよう練習しましょう。

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る
安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る