HOME » テープ起こしを仕事にしよう » テープ起こしで収入を得ている人の体験談

テープ起こしで収入を得ている人の体験談

ここでは、実際にテープ起こしで収入を得ている人の体験談を紹介しています。

テープ起こしは夢の在宅ワーク?

実際にテープ起こしの仕事をしている方々の体験談を集めてみました。
「自宅で空いた時間を利用して、パソコンさえあればできる」テープ起こしは本当に夢の在宅ワークなのでしょうか? 

フルタイムで働けばテープ起こしだけで生活することも可能です

一般的な会社の場合1分あたり100~120円の給与ですが、私はクライアントとの直接契約なので、ケバ取り※が1分200円、逐語起こし※だと1分400円程度と結構恵まれています。

仕事の多くはケバ取りで、60分の音声で12,000円ほど。60分の音声を起こすのにだいたい8時間程度かかるので、この8時間に対する報酬が12,000円ということになります。

1日に8時間働いて、これを毎日続ければ月収が360,000円くらいになりますね。その気になればテープ起こしだけでも生活はできます。

※ケバ取り…口癖や相槌などの意味のない音声を除いて文字に起こす
逐語起こし…口癖や相槌なども含め、全ての音声を文字に起こす

クラウドソーシングに登録すれば結構簡単に仕事がもらえます

在宅ワークを紹介するクラウドソーシングのサイトに登録をしていたのですが、たまたまテープ起こしの仕事を見つけて、しかも報酬が高かったので申し込んでみました。

それをきっかけに仕事をもらうようになり、すでに1年ほどたちます。クラウドソーシング系のサイトには、コンスタントにテープ起こしの仕事が入ってくるので、こまめに仕事検索をしていればたくさん仕事が見つかりますよ。

自分ができそうな仕事を見つけたら、あとはサイトのフォーマットにしたがって申し込むだけ。採用になれば仕事をもらえます。

どこに住んでいても長く続けられることが魅力です

テープ起こしは、パソコンとインターネット環境さえあれば、臨機応変にどんなところでもできる仕事です。たとえば転勤などにともなって家族で転居することになったとしても、とくに問題なく転居先で同じ仕事を続けていけます。

家事や育児に忙しくても、自分のできる範囲で仕事と両立することだって可能です。その点がテープ起こしの仕事の最大のメリットと言えますね。