HOME » テープ起こしを仕事にしよう » テープ起こしの収入相場は?

テープ起こしの収入相場は?

テープ起こしの気になる収入はどれくらいでしょうか?受注タイプ別に収入の相場を見てみましょう。

テープ起こしはどれくらい稼げるのか?

テープ起こしの仕事を得る一般的ルートとしては、以下の3つがあります。

①フリーで仕事を受注する

②クラウドソーシングやSOHOサイトを経由して受注する

③知り合いからの紹介・下請けで受注する

実際にテープ起こしを仕事にしている人は、これらのどれか一つに絞っているとは限らず、
複数のタイプをまたいで仕事を受注している場合もあります。

それぞれのタイプの収入相場を見てみましょう。

フリーで仕事を受注する場合

60分の音声で10,000~20,000円ほどが相場です。テープ起こしに慣れた人の場合は、
60分の音声を起こすのに3~4時間かかると言われますので、時給換算では2,500~6,000円という計算になります。

作業時間だけを見れば決して割の悪い収入ではありませんが、別途で無給の打ち合わせなどが入るため、
時給としてはこれよりも低くなる可能性があります。

クラウドソーシング・SOHOサイトを経由して受注する場合

仕事を紹介・仲介しているサイトに登録して受注するシステム。依頼主によってギャランティに大きな幅があります。
相場の一例としては、60分の音声を起こして4,800円。仮に作業時間が4時間だった場合には、時給換算で1,200円になります。

クラウドソーシングの場合は、一般的にはギャランティの2割程度の中間マージンを紹介サイトに支払います。
よって、4,800円の場合の手取り額は3,840円となります。

フリーの場合とは異なり打ち合わせは無く、仕事のフォーマットやレギュレーションが最初から指定されている場合がほとんどです。

知り合いからの紹介・下請けで仕事をする場合

双方の合意でギャランティが決まるため、相場はありません。ただ、ルートさえあれば、初心者の入り口としては確実に仕事をもらえます。
時給が数百円といった場合もあれば、キャリア次第では数千円になるケースもあるようです。