テープ起こし会社の徹底比較ガイド

重要なのは納期と料金!テープ起こし会社選びの決定版!

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る

テープ起こしに資格は必要?

テープ起こしのスキルを証明する資格があります。民間資格なので仕事をするうえで必須ではありませんが、仕事を受ける際には有利になるでしょう。

テープ起こしの資格としては、「テープ起こし技術者資格」と「文字起こし技能テスト」の2つが知られています。いずれか、または両方取得しておけば、資格保持者ということで信頼性が上がり、未取得者よりも仕事を受注しやすくなります。

テープ起こし技術者資格

概要、資格情報、試験概要

テープ起こしに対する社会的認知と、仕事の正当な社会的評価を求めて設けられた資格試験です。

テープ起こしに必要な知識や技術はもちろん、職業倫理や一般常識などが問われます。

合格者の特典としては、まず「テープ起こし技術者資格認定証書」が交付されてキャリアアップや就業活動を有利に運べる点が1つ。また、同業者が属する「ボイテックスメンバーズ」に加入し、「テープ起こし仕事情報サイト」を利用できるようになります。

仮に不合格だった場合でも、1回だけ無料で再受験することができます。

受験料 6,000円
試験時間 90分
試験内容 基本問題、知識問題、実技問題
申し込み方法 サイトのフォームで申し込み
日程・会場 自宅でのネット受験が随時可能

受講者、受験者の口コミやよくある質問

口コミ

  • 子供が大きくなって、仕事を再開したいと思っていろいろな資格を見ていたところ、在宅でできる仕事ということで興味を持ちました。頑張った分だけ収入になる、という点も魅力です。教材のシステムに始めは慣れなかったのですが、だんだんと操作ができるようになりました。インストラクターの方の添削もとても分かりやすいです。これから一生できる仕事として、頑張っていきたいなと思っています。
  • 合格をしたとき、とにかく素直にうれしかったというのが感想です。とはいえ、仕事をする中で合格は一つの通過点でしかないな、と思うようになりました。書き起こし方でも迷う点があるため、テキストを見直しながらやっています。合格に甘んじることがなく、精度を上げていけるといいなと思っています。
  • これまで自分のテープ起こしはどれぐらいの実力なのかわからずにいたのですが、検定試験に合格したことで自分の技術にも自信がもてるようになりました。それと同時にまだ実力不足だったり、勉強が必要なところがあったりして、それも分かったのがよかったです。さらに勉強を続け、お客様に信頼していただけるようになりたいです。

よくある質問

Q.講座修了証書・資格認定証書では仕事の量や収入は変わるでしょうか?

A.ボイテックスライターとしての基本となる技術をマスターした、ということで講座修了証書は発行されて就業に有利です。検定資格の合格で資格認定証書が発行されますが、こちらは協賛会員であるテープ起こし会社でボイテックスライターとして登録が可能になるため、就業のチャンスはより広がるでしょう。

Q.Voitexメンバーズってどんな就業支援サイトですか?

A.株式会社アスカ21にて運営されているサイトで、テープ起こしの仕事案件と技術者をマッチングするサイトです。

Q.音声を聞いて文字に起こすだけで、何を学ぶのでしょうか?

A.仕事をコンスタントに受注するためには、フォーマットに準じた文字起こしができることは大前提です。業界ではフォーマットがあるわけではないものの、テープ起こし講座を受講することで多くの会社から仕事を受注することができます。基礎を学び、そして応用する力を身に着けることができれば、より受注の数を増やせるでしょう。

運営団体紹介

一般社団法人 音声テキスト化協会

テープ起こし講座の開講やその支援、さらに技術者へ就業支援や教材・サービスの提供なども活動として行っています。

文字起こし技能テスト

概要、資格情報、試験概要

文字起こし技能テストは、録音された音声を文字におこす技能を測定するテストです。合格・不合格という形式ではなく、現在の技能レベルをスコア化して知るテストになります(1000点満点)。初心者は400点を目標にしたいところです。

試験問題の開示や解答の送付は、すべてインターネット経由で行なわれます。事前にテスト勉強をしたい方は、過去問を入手することも可能。ペーパー上の過去問だけではなく、実際の試験で使われた音声データをダウンロードができるようになっています。

また、運営団体がまとめた公式テキストもあるため、試験を受けるか受けないかに関わらず、目を通しておくだけでも大変勉強になるでしょう。

受験料 5,000円
試験時間 午前10時30分~午後12時15分(受験準備、休憩含む)
試験内容 知識編(約30分)、実技問題(約30分)
申し込み方法 サイトのフォームで申し込み
日程・会場 自宅でのネット受験

受講者、受験者の口コミやよくある質問

よくある質問

Q.文字起こしをしたことがないですが、受験はできるでしょうか?

A.公式テキストでまずは勉強をしてください。受験はもちろん可能です。問題の解き方、そして文字起こしの知識もテキストで解説しています。400点を目指して勉強を始め、そこから点数アップを楽しんでくださいね。

Q.文字起こし技能テストはどんな試験ですか?

A.話し言葉を理解すること、そしてそれを文字化する技術を判定するテストとなっています。話している内容を理解して、それを適切に記録できるようになる、というテクニックが社会で必要とされていますが、そういった技術を身につけることができます。

運営団体紹介

一般社団法人 文字起こし活用推進協議会

テープ起こしや反訳、文字起こしの技術を発展・普及させるための活動を行っています。

テープ起こしを仕事とするときに有利となる資格をご紹介しました。資格があると採用や受注に有利になることが多いですが、基準は業者によってそれぞれ異なります。テープ起こしの業者ではどのような人材を求めているか、事前に知っておくといいでしょう。

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る
安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る