HOME » テープ起こしを仕事にしよう » ノイズを除去してくれるおすすめフリーソフトを紹介!

ノイズを除去してくれるおすすめフリーソフトを紹介!

会議や取材、公演などで録音した音声を文字に起こしたい…。そんな時に邪魔になるのが自然に録音されてしまうノイズ。ノイズが気になって集中できない、ノイズのせいで大事な会話が聞こえない。そんな悩みを解決すべく、ここでは、スムーズにテープ起こしをするための、ノイズを除去するフリーソフトをご紹介します。

無料とは思えないクオリティ「Audacity(オーダシティ)」

まず紹介するのは無料音楽編集ソフト「Audacity」。その使いやすさと分かりやすさが多くのユーザーから支持を集めているようです。

初心者でも大丈夫!簡単な操作性

Audacityで最も注目すべき点は、やはりその操作性でしょう。ノイズを除去するまでの手順も分かりやすく、ソフトの起動から実際にノイズが無くなるまでには数段回手順を踏むのみです。
また、音声は波長で画面に表示されるため、どこのノイズを消したら良いのかも一目瞭然。ノイズを除去するまでの手順が短いのは、文字起こしをするまでの時間短縮にもなり、とてもありがたいですよね。

MP3、WAVにも対応している

音声データの多くはWAVやMP3で保存されています。このWAVやMP3という単語、皆さんも一度は耳にした事があるかもしれません。
これは、音声データなどをファイルとして保存する上での基本的な形式ですが、音楽編集ソフトにはこのWAVやMP3に対応していないものもあるのです。つまり、音声データを編集しノイズを除去するその前に、別のソフトでデータの形式を変えなければなりません。
しかし、AudacityではWAVやMP3にも対応しているため、取り込んだ音声データをそのままAudacityに取り込み作業することが出来るのです。
この簡単な操作性こそAudacityが支持される理由かもしれませんね。

エフェクトの多さが魅力「Sound Engine(サウンドエンジン)」

こちらも無料の音楽編集ソフト。オートマキシマイズ(音量を適正レベルに調整する機能)やノーマライズ(音量を最大化する機能)をはじめとする多くのエフェクトが用意されていますが、その中にノイズ除去の機能を持つエフェクトがあります。

ノイズ除去に対する2つの選択肢

Sound Engineには多くのエフェクトがありますが、ノイズ除去に役立つエフェクトは「ノイズサプレッサー」「ノイズゲート」の2つです。
ノイズにはヒスノイズというものがあります。録音した時に自然と入ってきてしまう「サーッ」というあのノイズです。このようなヒスノイズを消したい時は「ノイズサプレッサー」、会話の間の所々に入っている小さなノイズを消したい時には「ノイズゲート」といったように、消したいノイズによって使い分けができるのがSound Engineの特徴です。

グラフィックEQ(イコライザー)でノイズと音質にもこだわろう!

グラフィックEQ(イコライザー)の強みは「ノイズサプレッサー」のように全体にエフェクトを掛けることで聞き取りたい音声部分の音がこもりがちにならないことです。グラフィックEQは、ある音声を多くの周波数帯域に分割し、それぞれの帯域の音量調節を可能にするエフェクトで、例えば、高音域をカットすればヒスノイズが除去されるといったように、このグラフィックEQを使えば、聞き取りたい音声はそのままに、ノイズだけをキレイに除去することが出来ます。

Sound Engineはノイズをキレイに除去したい、他の用途でも使ってみたいという方にオススメの出来るフリーソフトです。

以上、ノイズ除去のための2つのフリーソフトを紹介しました。簡単な操作の「Audacity」、よりキレイにノイズ除去ができる「Sound Engine」。より自分のニーズに合わせた利用をすれば、ノイズ除去に手間もかからず、集中して文字起こしに臨めるでしょう。