テープ起こし会社の徹底比較ガイド

重要なのは納期と料金!テープ起こし会社選びの決定版!

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る

テープ起こしのコツと練習法

ここでは、テープ起こしの作業スピードと仕事の精度を上げるためのコツ・練習法をご紹介します。

テープ起こしの仕事は時給制ではなく、1本いくらという固定報酬制です。そのため、仕事に時間をかければかけるほど収入が下がります。つまり、良くも悪くも作業スピードで総収入が決まります。

タイピングスピードは収入を左右しますので、自分のタイピングのクセを矯正するなど、スピードアップのための練習をたくさん行いましょう。調べ物をするスピードアップを図る工夫や練習、正確なヒアリング力を身につける訓練をしておきましょう。

スピードと精度を上げるためのコツと練習法

テープ起こし作業のコツ<初心者向け>

初めてテープ起こしを行う人は、まず対象となる音声の全体像を把握するところから始めましょう。

音声を聞いていると、どうしても聞き取れない箇所がたくさん出てきます。あるいは、意味の分からない専門用語が飛び出してくることもあります。これらはもちろん、最終的には正確に文字におこさなければなりません。

ただ、初心者の練習の段階では、こうした細かいところの聞き取りにこだわらず、まずは何を話しているかの全体像をつかむことが大切です。

そのうえで、徐々に文章を小分けにして繰り返し聞き直し、文字に起こしていきます。

まずは音声の細部にこだわることなく、全体像を把握する練習から。徐々に細部へと進んで文字へ起こしていく、という順番で練習しましょう。慣れてくれば、聞き取れないワードがあったとしても前後の文脈で推測がつくようになっています。知らない単語が出てきた場合はインターネットや辞書で調べ、該当するワードが複数ある場合は話の内容から判断しましょう。

最後は校正しながら全体を整理する作業を行います。不自然な箇所がないかなど、文章のつながりを意識し校正していきましょう。

在宅ワークで人気のあるテープ起こしには、初心者も大歓迎という仕事が多くあります。そこで、実際に初心者がテープ起こしをする際のコツについてまとめました。

タイピングスキル

テープ起こしを始めるには、まずタイピングスキルが重要になってきます。普段の会話では、よほど早口でない限り、相手の話すスピードについていけないということはないでしょう。相手の言うことを瞬時に聞き取り、頭の中で意味を理解できます。
しかしテープ起こしとなると、まず人の話すスピードに驚きます。話のスピードについていけず、何度もテープを止めて聞き返す作業が必要になるのです。テープは短いものでも30分ほどあるため、30分間音声スピードに合わせてタイピングをすることはとても難しいです。
しかし、ある程度タイピングスキルを持つ人であれば、多少の音声スピードにはついていけます。途中で音を止める作業も少なく済むため、作業時間も短縮できるのです。そのため、テープ起こしをする上で、タイピングスキルはとても重要となります。
普段から仕事や自宅でタイピングをする機会が多い場合、自然とタイピングスキルは上がっていきます。しかし何故か早く打てない、なかなかスキルが向上しない場合は、タイピングの基礎から間違えている可能性があります。
タイピングの基本は、ホームポジションを守ることと、タイプするキーと指の関係を守ることです。
ホームポジションとは、タイピングを始める時や一区切りついた時に指を置く位置のことです。常に同じ場所に指を置いておけば、次に文字を打ち始める時に間違ったキーを押してしまうことを防げます。タイプするキーを守ることとは、常に決められた指でキーを打つことです。例えばBを親指で打つと決められていれば、Bを打つ時に他の指では打たないことになります。指を守ることで、タイピングのスピードも速くなってくるのです。
以上のことを今一度確認してみると、知らず知らずのうちに自己流の打ち方になっている人もいるかと思います。打ち方を間違えていたり、タイピングを練習し直したいといったりする場合は、タイピングの練習ができるサイトなどを活用するとよいでしょう。初めは打ちにくかったりスピードが遅かったりするかもしれませんが、徐々に慣れていけばタイピングのスピードも速くなるはずです。
タイピングに慣れてきたら、YouTubeなどの動画や音声を使って、テープ起こしの練習をします。テープを止める回数が減ってきたら上達しているということです。タイピングスピードが速くなれば楽なので、慣れるまで根気強く続けることが大切です。

基礎知識をつける

テープ起こしの作業では、タイピングスキル以外にも、新聞や雑誌、インターネットを利用して、普段から幅広いジャンルに興味を持って基礎知識を身に付けることが重要です。音声データの内容はさまざまであるため、身近でない話題が中心の時もあります。知らない単語が出てきた場合、調べれば意味は理解できますが、その分タイムロスになります。しかし、知識が豊富であれば、単語を調べなくても理解できるかもしれないのです。
また、普段から沢山の情報を得ようとすることで、文章に触れる機会も多くなります。その中で自然と文章の読解力や構成力が養われていきます。これらの能力があるとテープ起こしをする際に、話している内容を理解しやすくなるのです。タイピングのスピード向上やテープ起こしのスキルアップに直接関係はありませんが、テープ起こしに慣れるといった面では大いに役立ちます。

テープ起こしで必要な専門用語・ソフトや機器をご紹介

専門用語

  • 「素起こし」
    聞き取った音声をそのままで文字に起こすことです。「えーっと」など、意味がないような言葉でも省くことなく書く、それを素起こしと言います。
  • 「ケバ取り」
    意味がないような言葉やその人のクセである話し始めの言葉などは省いて起こすことです。文字として見たときにスッキリとするので、話している事柄が分かりやすくなります。一般的に文字起こしで一番多く用いられる方法です。
  • 「整文」
    ケバ取りをしたものを、さらに意味が分かりやすいように文章を組み立てていくことです。しゃべり言葉から文語体へと変更していきます。

ソフト・機器

  • ヘッドフォン・イヤホン
    文字起こしをするなら、まず必要になるのがイヤホンですね。パソコンのスピーカーからも音は発生しますが、音が広がるので聞き取りにくくなりますし、何より周囲へは騒音となってしまいます。また家族がいる場合は、会話の内容が聞こえてしまうため、守秘義務違反になる可能性もあるため、必ず用意しましょう。
  • Okoshiyasu2
    使用するプレーヤーとしておすすめしたいのが、Okoshiyasu2です。パソコンに内蔵されているプレーヤーもありますが、テープ起こしをする人のために作られているプレーヤーのほうが、スムーズに文字を起こすことができます。
  • ATOK
    ATOKを使って入力しているときに、役立ってくれる機能がリフレッシュナビ、という機能です。入力数や疲労度を計測してくれて、疲労度が上がってくるとリフレッシュするように促してくれます。作業は集中力がなくなるとミスが多くなったり効率が悪くなるので、適度な休憩を促してくれるATOKはおすすめです。

スピードを上げるための練習法

スピードを上げるために一番重要なポイントは、パソコンのタイピングスキルの向上です。

インターネット上に無料のタイピング練習ツールなどがありますので、それらの利用をおすすめします。1000文字10分程度でタイピングできるようになれば、プロのレベルと言えるでしょう。初歩の段階であれば、音声を文字化するのではなく、新聞や雑誌などの活字をタイピングする方法がおすすめです。タイピングに慣れてきたところで、簡単な音声を文字に起こすことに挑戦してみましょう。

少し慣れてきたら、動画サイトやテレビを使用した練習をしましょう。

全く知らない人の会話を文字に起こすことは、意外に難しいことであると気づくと思います。聞き慣れない話し言葉は耳に入りにくく最初は苦労すると思いますが、次第にどのような話し方でも対応できるようになります。タイピングスキルを上げるためには、まず自分のタイピングのクセを見直すこと。手のポジションが一定かどうか、同じキーはいつも同じ指で打っているかどうかなど、自分のタイピングの定石が決まっていない人は、まずそこから始めましょう。

また、練習とは異なりますが、パソコンの単語登録機能を使いこなすことも有効です。

会議やインタビューでよく使われる単語を短縮して登録しておくことで、タイピングのスピードは各段に速くなります(例:「~思います」→「お」で登録)。ただし、スピードが速ければそれで良い、というわけではありません。誤字脱字が多い、内容がずれているなど…テープ起こしとしてあるべきではない姿で納品しないよう、品質や精度も高めるような努力をしましょう。

スキルを身につけるための「テープ起こし講座」

自分でテープ起こしのスキルを身につけられる自信がない方、より効率的にスキルを身につけていきたい方は、テープ起こしの講座に参加してみるとよいでしょう。

受講料はかかりますが、確実・効率的にスキルを吸収することができるでしょう。実務経験がない場合にアピールする材料にもなります。

「テープ起こし講座」(たのまな)

テープ起こしに必要な技術や知識を身につけることができる講座であり、プロのテープ起こし技術者を養成する講座です。インターネット経由で学ぶことができ、テープ起こし技術者資格検定試験の受験も可能です。

テープ起こしのコツと練習法が分かれば、次第に上達していくはず。本格的に仕事としていくためにも、しっかりと学んでコツをつかみ、そして練習してレベルアップを目指したいですね。テープ起こし業者でも独自の練習法やコツを紹介していることもあるので、是非チェックしてみてください。

テープ起こし外周講座

テープ起こしの「音声を文字に起こす」作業は、誰にでもできるように見えて、意外と難しい作業です。

聞き取りにくい音声を正確に聞き取り、スピーディーに文字にするためにはテクニックが必要になります。

「テープ起こし外周講座」では、通学講座と通信講座の受けやすい形式を利用して、プロのテープ起こし技術者に必要なスキルを養成します。

検定試験も展開していて、合格して「ボイテックスメンバーズ」に加入すると、お仕事紹介のサイトが利用できるなどの就業支援も行っていますので、これから本気でテープ起こし技術者を目指したい人におすすめです。

テープ起こしオンライン講座

「テープ起こしオンライン講座」は、オンラインでテープ起こしの基礎からプロの技術までしっかり学ぶことができる講座です。 テープ起こしの著書を出版している講師が担当してくれるので、より実践向きの内容を習得できます。

オンライン講座ということもあってか、受講料も比較的安価で手軽に受けられる点も魅力です。

受講期間は3ヶ月間ですが、受講開始から4ヶ月間はメールでの質問が可能。

土日祝日を除いて、48時間以内の返信を保証しているので、効率よく学びを深めることができます。

こちらのテープ起こし講座では、就業支援などは行っていないようです。

テープ起こしのおすすめマニュアル本

音声起こし技能テスト 公式問題集

「音声起こし技能テスト 公式問題集」は、「文字起こし技能テスト」に合わせて作られている練習問題テキストです。

実際にテストを行う人はもちろん、独学で練習して技術を上げたい人にも適した内容となっています。

テストに合格することを目的としているのではなく、納得のいくテープ起こしができるように構成されているので、今後の業務に活かしやすい点がポイントです。

テキストの内容に沿ったファイルをインターネットからダウンロードでき、いろいろなパターンのテープ起こしを学べます。

問題集に取り掛かってから、テストを受けるかどうか検討することもできるので、まずはチャレンジしてみては。

ゼロから学ぶテープ起こし―パソ友在宅ワーク講座 ドリル付き!

テープ起こしの講座は数万円のお金がかかりますが、こうした多額の費用をかけずとも、プロのテープ起こし技術を学べるように構成されているテープ起こし用のドリルです。

付属のCDに音声度率と総合問題が収録されていて、実際に取り組んだ後に採点表で採点することができます。

1人でも技術レベルをチェックしながら進めることができるので、プロの技術をしっかり学べる内容です。

テープ起こしってなんだろう?というところから始める人は、すぐに高額な講座を受けずに、まずはこちらのドリルから自分に向いているかをチェックしてみるのもよいと思います。

「テープ&音声起こし」即戦力ドリル

ケバ取りなどのテープ起こしの基本から、編集、リライトなど高度な作業まで1冊で学ぶことができるドリルです。

より実践向きの構成となっていて、一通りの問題を終えた後は、実際の働き方について解説しているページもあります。

テープ起こしの仕事を少しでもやっていた人というよりは、まったくの初心者が仕事内容や技術をしっかり習得するために適したドリルです。

内容がとてもしっかりしているので、高額な講座を受けなくても、テープ起こしの一通りの内容を網羅できます。

国語好きを活かして在宅ワーク・副業を始める 文字起こし&テープ起こし即戦力ドリル

ライフスタイルに合わせた働き方を模索して、テープ起こしにたどり着いたという人におすすめの本です。

長女が小学校時代に発達障害であることがわかったり、舅の介護が必要となったときに、時間の制約がなく仕事ができるようにテープ起こしのスキルを磨いたという著者が書いた本なので、信憑性があります。

ちなみに、「テープ&音声起こし」即戦力ドリルの著者でもあるそうです。

動画ファイルからのテープ起こしについての内容もあるなど、現代のニーズに合った内容となっているので、テープ起こしの基礎を幅広く習得できます。

テープ起こし技術者 資格検定試験にチャレンジしてみる

この資格検定試験は、テープ起こしの仕事が正しく社会から認知され、テープ起こし技術者の技術が評価され、その評価が仕事の内容や報酬に繋がることを目的とされています。また、テープ起こし技術者の能力が向上することによって、テープ起こし業界全体の品質が上がることが目標とされています。
この試験では、テープ起こしに必要な技術と知識、一般常識などが一定のレベル以上に達しているかが判定されます。受験はインターネット環境があれば、いつでも場所を選ばずに受験可能です。合格するとテープ起こし技術者資格認定証書が発行され、キャリアアップの証として有利になります。就業の範囲や機会が増えるため、持っていて損はしない資格です。

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る
安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る