テープ起こし会社の徹底比較ガイド

重要なのは納期と料金!テープ起こし会社選びの決定版!

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る
テープ起こし会社の徹底比較ガイド » おすすめのテープ起こし会社18選&選び方

おすすめのテープ起こし会社18選&選び方

テープ起こし会社の選び方やサービスの特徴や料金、納期などを徹底調査!テープ起こしをプロの業者に依頼を検討している人のために、おすすめの会社を調べました。

テープ起こし業者リスト

テープ起こしの依頼先とは?

テープ起こしを依頼する業者としては、法人として事業展開している会社、個人事業主として活動している人、クラウドソーシングで仕事を受けている人の3パターンが考えられます。ここでは、それぞれの特徴を紹介します。

法人にテープ起こしを依頼する場合

おすすめの依頼案件
  1. 納期が短い
  2. 専門的な知識が必要
  3. セキュリティ面を重視したい
料金 高い
仕上がりの品質 作業者が多いため、品質が安定する
納期 急な依頼でも短納期で依頼できる
大型案件の依頼 複数人に振り分けることで対応可能
専門分野の依頼 専門的な知識を持った作業者を選んでくれる
アップデータ容量 業者によってばらつきがあり、データが大きい場合は大容量に対応可能なデータで送付
所在地の公開 会社の所在地が分かる
対応方法 電話や来社、また訪問対応も可能
セキュリティの安全性 セキュリティには力を入れている業者が多い
秘密保持契約について 取り交わすことができる

個人にテープ起こしを依頼する場合

おすすめの依頼案件
  1. 納期にゆとりがある
  2. 作業者の得意なジャンルを依頼したい
  3. セキュリティ面はあまりこだわらない
料金 やや安い
仕上がりの品質 個人差があり、品質が高い人には依頼が集まりやすい
納期 作業量には限界があるため、短納期での依頼は難しいことが多い
大型案件の依頼 作業量には限界があるため、難しいことが多い
専門分野の依頼 作業者に専門的な知識がないと難しい
アップデータ容量 業者によってばらつきがあり、データが大きい場合は大容量に対応可能なデータで送付
所在地の公開 所在地や電話番号が分からないこともある
対応方法 電話対応などを行っていない場合もある
セキュリティの安全性 セキュリティに関しては明確ではなく、個人差がある
秘密保持契約について 基本的に取り交わすことができる

クラウドソーシングでテープ起こしを依頼する場合

おすすめの依頼案件
  1. 料金をとにかく安くおさえたい
  2. 納期が短く依頼するデータ量も多い
  3. セキュリティ面はあまりこだわらない
料金 安い
仕上がりの品質 作業者によって差が出るため、ばらつきが出る
納期 希望する納期で仕上げてもらえるように依頼ができる
大型案件の依頼 複数人に振り分けることで可能
専門分野の依頼 専門的な知識を持った作業者を選べる
アップデータ容量 容量には制限があり、DVDなどの他媒体での送付は不可能
所在地の公開 所在地や電話番号ともに分からないことが多い
対応方法 クラウドソーシングを介してのやり取りだけ
セキュリティの安全性 セキュリティに関しての有無は分からない
秘密保持契約について 取り交わしができない場合もある

品質を求めるなら会社に依頼!
テープ起こし会社の徹底比較ガイド

厳選!テープ起こしに活用したい会社

テープ起こしのイメージ画像

テープ起こしを事業としている各社は、それぞれ特徴があります。例えば「料金が安い」、「納期が早い」、「裁判用や医療関係など特殊な案件に対応している」、「英語翻訳対応」等、各社それぞれの色が出ています。そのため、依頼をする内容に合致した会社を選ぶということが重要です。

特に、専門性の高い音声ファイルをテキスト化する場合、専門用語の理解力など高いスキルが必要となります。 これまで専門性の高いテープ起こしをしている会社にお願いする方が良いと思います。

また、フリーライターのように自分の外部スタッフとして活用したい場合などは、 小さいながらも機動力があり柔軟な会社が求められるでしょう。

基本料金についてはテープ起こしの会社によって幅があり、 急ぎの納期を求める場合、基本の金額が安くても想定以上に割高になる場合があります。 その場合は基本の料金が多少高くても、納期が早い方が良いと言えます。

その他、数種類の形式でテキスト化が可能かどうかということも重要。 音声の文字化で一般的な内容は以下の通りです。

  • 素起こし(丸起こし)
  • 言い間違い等も含めて話し手の発言内容全てを、聞こえたまま起こします。

  • ケバ取り
  • 直接話に関係のない「あのー」や「えーと」等の間投詞や言い間違い、どもりや重複等を省いて起こします。

  • 整文
  • 語尾を「です・ます」や「である」に換え、話し言葉を書き言葉に修正していきます。

  • 要約(サマリー)
  • 文字起こしをした後、指定の文字数に要約していきます。ブロック分けや小見出し付け、箇条書き等も対応可能です。

全ての会社には、得意不得意の分野があるものの、素晴らしい実績と経験があります。 特徴を良く踏まえた上で、できれば長いお付き合いができるような会社を選んで頂ければと思います。

音声データのテープ起こしが重要な5つの理由

会議や公演、インタビューなどの音声を録音し、それを文章に書き起こすのが「テープ起こし」の作業となります。このテープ起こしは、わざわざ費用を支払ってまで行う必要性があるのでしょうか。

ここでは、テープ起こしの依頼が重要な5つの理由を挙げていきたいと思います。

指示や依頼の伝達ミスを防ぐことができる

社内で情報共有を行う際、テープに録音された内容を何度も繰り返し聞くことは非常に面倒な作業だといえます。テープに録音された情報は「耳」でしか得ることができません。聞き取ることが苦手な人もいますから、下手をすれば重要な情報でさえも聞き漏らしてしまう可能性があるでしょう。

電話や口頭で伝達した情報を全て正確に相手に伝えることは難しいため、最近では多くの企業が電話や口頭での指示や情報伝達などを避ける傾向にあります。口頭伝達では情報漏れが原因でトラブルが発生する可能性もあり、重大なミスが発生するリスクもぐんと上がってしまいます。

テープ起こしをすれば、話した内容を事細かに把握することができるためトラブルやミスを防止できるメリットとなっています。

要点をまとめることができる

話し手がよほど話し上手でない限り、録音されたテープには、「あー」「あのー」「えー」「えっと」などの間接詞が入っていることでしょう。これらの間接詞を頻繁に使用する人や、変わった口癖があるような人が話し手の場合、話の内容に直接関係がないような言葉が気になって肝心な内容が頭に入ってこない場合があります。

テープ起こしの際に「ケバ取り」を行えば、必要な情報だけを可視化することができ、要点をまとめるのも容易です。

テキストデータにすれば情報の保管や共有がしやすい

情報を音声の状態で保管しておく場合、CD-Rなどの記録媒体は場所を取ってしまいますね。 MP3やWAVのようなデータとして残す方法もありますが、データ容量が大きすぎます。音声を扱うことが多ければ、あっという間にデータは膨大になってしまうでしょう。音声ファイルはメールに添付できないケースが多く、その都度オンラインストレージで共有をかけたり、ファイル転送サービスで送ったりしなければなりません。

その点、テキストデータは容量が少なく、メール添付にも時間がかかりません。テープ起こしをすれば、情報の保管や共有がしやすくなるのです。

テキスト起こしで情報検索しやすく活用範囲が広がる

話の内容をもう一度確認したいと思った時、音声データではもう一度確認したい情報を探すのが大変です。 数分のデータならまだしも、1時間、2時間の講演となると、欲しい情報まで辿り着くのに時間がかかってしまいますね。繰り返し何度も再生する必要も出てくるでしょう。

一方、テキストデータではすぐに内容の確認ができます。それだけでなく、情報を検索することも可能になります。また、テキストデータがあれば、社内レポートや外部への広報活動に引用することもできるのです。

個人のプレゼン力を把握して改善につなげることができる

喋り方の癖やアクセント、声の起伏などは耳でしか分からない情報です。しかし、テープ起こしをして会議や公演などで話した内容を文章で確認することで、話し手にどれだけのプレゼンテーション力があるのか簡潔に目でも理解することができます。

話す内容の構成や情報の分かりやすさなどは、文章にして初めて分かりやすくなる情報ですね。自身の話したことを文字に起こして読んでみると、予想以上に支離滅裂な内容になってしまっていることもあるかと思います。

そのような改善点が明確になれば、次につなげることもできるでしょう。個人のプレゼン力を高めることは、企業全体の能力を上げる成果に結びつくはずです。

テープ起こしをプロの業者に依頼する4つのメリット

テープ起こしのイメージ画像

録音された内容を文字に起こすテープ起こしの作業は、その気になれば誰にでもできる作業だといえます。しかし、いざ実際にテープ起こしをやってみると、意外と大変なことに気が付くはずです。音声データをテキストデータにしたい時は、迷わず業者に依頼することをおすすめします。

ここでは、テープ起こしの作業を業者に依頼するメリットについてご紹介しましょう。

テープ起こしのプロに任せればコストの削減ができる

テープ起こしを初めて行う人の場合、音声がクリアでなお且つ日本語の内容である条件のもとで、わずか2、3分のデータであっても、30分~1時間程度かかるといわれています。音声に雑音が多く聞き取りにくい場合や、英語のスピーチ、専門用語が入り混じっている場合であれば、それ以上の時間がかかる可能性が高いでしょう。 例えば、テープ起こしを社員Aの業務に加えるとしましょう。

社員Aが音声データをテキストデータ化する間、他の業務を行うことは一切できません。しかし、どうしても社員Aでなければできない作業や、席をはずす必要性があると作業を中断しなければならないことになります。

テープ起こしは集中力が求められる作業なので、頻繁に中断するような状態では効率が良いとは言えませんね。同時に、社員Aでなければできない作業を他の社員に任せることでその業務の効率まで悪くなってしまうでしょう。

一方、テープ起こしに長けているプロが同じ作業を行うと、数十分で終わらせることができるのです。このように時間と人件費を考えれば、有料で業者に作業を依頼することは実質的にコスト削減につながりますね。

プロに任せれば音声データ内の情報を正確に取り出せる

テープ起こしは早く終わればいいというものではありません。いくら早く作業が終わっても、データの内容が正確でなければ意味がないですよね。テープ起こしに慣れていない人が作業を行うと、音声に自身のタイピングの動作に意識が向いてしまい、誤字脱字が多く発生してしまう恐れがあります。

また聞き間違いをそのままデータ化してしまい、思わぬトラブルに発展するケースも考えられます。テープ起こしを専門の業者に依頼すれば、誤字脱字がないのはもちろん、情報の正確さにも長けています。これは、専門の業者だからこそ取得しているノウハウや経験がなせる業なのでしょう。

テープ起こしのプロは急な時でもすぐに対応

録音の翌日にテキストデータが必要になってしまう場合など、ときには急遽テープ起こしが必要になることもあると思います。社内には対応できる人材がいなくて頭を抱えてしまうこともあるかもしれませんが、プロに依頼すれば短時間で長尺のテープ起こしを納品することができます。

音声データを送るだけ、あとは通常業務を行っている間に希望通りの日程でデータを得ることができます。

個人では手に負えない専門分野にも対応

テープ起こし業者では、さまざまな専門分野の音声データに対応します。医療や法律、ITなどの専門用語が入り混じった会議や公演、インタビュー内容のテープ起こしをするとなると、辞書を片手に、またはインターネットで検索をしながら作業せざるを得ない場合もありますよね。

詳しい知識がないままに行うと文章として成立しないどころか、誤った情報をデータ化してしまう恐れもあります。それぞれテープ起こしのプロにも得意分野が存在します。

音声データの内容によって適切な業者であれば、個人では把握しきれないような専門分野でも正確な文字起こしを依頼することができます。

安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る
安くて速いのはここ!テープ起こし会社おすすめBEST5ランキングを見る