アスカ21

テープ起こしを専門にしているアスカ21(アスカ21)を紹介します。文字数による料金算出と、業界一の速さを誇る納期などを調べました。

テープ起こしで評判の「アスカ21」をリサーチ

東京・台東区に本拠地を構える「アスカ21」を紹介します。

サービスの特徴

テープ起こし業者のASCA21●テープ起こしの文字数で料金が決まるシステム

アスカ21の大きな特徴は、音声から起こされた文字数で料金を算出していること。
全角1文字=1円(半角1文字0.5円)という、非常に明確で無駄のないシステムです。

この録音時間ではなく文字数による見積もりですと、雑音などを含めた要らない箇所や
ゆっくり話す人などが存在することによる無駄を省くことができます。つまり、より安く依頼できるということです。

さらに、「ケバ取り」「丸起こし」など起こし方の指定によるオプションは、すべて無料
もちろん話者やコメントなどの文字数は、見積もりの対象外です。

●標準納期が他社の特急納期より早い

アスカ21では、録音1時間のテープ起こしの場合、中1日で納品してくれます。
標準納期は業界平均より短く設定されていますし、さらに納期の短縮も可能です。

一般的に、中1日での納品は特急納期扱いとなり、追加費用がかかります。
アスカ21の場合はこの特急納期が「標準」ですので、本当に文字数分の費用だけで済むというわけです。

●業界最先端のセキュリティシステム

アスカ21はソフトウェア会社という一面もあることから、インターネットにおける
セキュリティ対策は万全。データのやり取りは専用のサーバーで行います。

希望すれば、秘密保持契約書も交わすことが可能。さらに、通信はすべてSSLで暗号化されているので安心です。

アスカ21の料金体系

※日本語60分で依頼した場合の平均(税別)

納期 中1日(標準)
料金 13,800円

【オプション料金】
●すべて無料

アスカ21の会社概要

会社名 株式会社アスカ21
所在地 東京都台東区台東2-1-3 センチュリービル7F
設立 1994年5月